Archive for 人物

ショートカット

私の叔母は長年化粧品のセールスレディをしていました。

幼い頃から明るくてきれいな叔母が大好きでした。
叔母が年に一回、本家である実家のお墓参りに東京から泊りがけで来るのを、毎年とても楽しみにしていました。

そんな叔母に一つとても不思議なところがありました。

なぜかお風呂上りに頭に巻いたタオルを、寝るまで取ろうとしないのです。

そして髪1本も漏れずキレイに巻かれたタオルに、子供ながらにさすが都会の女の人は違うと思っていました。

そんな叔母の過去を聞いたのは、私が母に’叔母さんはさすがだね、髪形がいつもきまってる’と言った時でした。

近所でも評判の美少女だった叔母、きれいな長い髪が自慢だったそうです。

そんな叔母が実家の製紙工場の手伝いをしようとふらりと工場内に入ったところ、長かった髪が機械に巻き込まれました。

近くには誰もおらず、必死でもがいたそうですがどんどん髪は引き込まれ、しばらくしてやっと周りに人が駆けつけて助けたそうです。
しかしその事故で叔母は髪の毛だけでなく、頭皮の一部も失いました。

当時、自分の太ももから頭に皮膚を移植することは今以上に困難な手術だったそうです。
それからずっと叔母はショートカットの医療用かつらを着けています。

ロングヘアでないのは、大好きだった長い髪を思い出すからでしょうか。

いつも同じ髪型、でもその話を聞いてから私は底抜けに明るい叔母の強さを知ったようで、余計叔母の事を好きになりました。

坊さん目撃例

普段生活していて、なかなかお坊さんと接する機会はありません。
お坊さんの生態系は全くのナゾです。

街中で見かけた面白ろお坊さんツイートを集めてみました。

通勤中、電車内向かい席に、袈裟を着た坊さんが。スマホをいじり、雑誌プレジデントを読んでいる…これが現代社会と言うものなのか…

アナログのイメージの強いお坊さんですが、スマホだって使いこなします。

高級外車にだって乗ります。
フィリピンパブのお姉ちゃんの話だってします。
↑実際にこんな会話をしている坊さんを見かけたw

お経あげおわってお坊さんがこっちクルッてむいたとき 真正面にすわってた私のパンチラが見えたみたいで 禿頭が茹でダコみたいに真っ赤になってた。

これはかわいいお坊さん。

しかりホテルでの会食の際はコンパニオンを呼ぶことも多々あるのがお坊さん。
↑目撃したw

お坊さんがむっちゃいい笑顔でチャリこいでた

お坊さんにはチャリとかスクーターが似合いますよね。

本物の新薬

祖母が、持病の新薬に関する臨床試験に参加していました。

臨床試験というと、人体実験のようで、参加するときに、家族でいろいろと話し合いましたが、祖母の場合、効果的な治療薬がまだなく、海外で使われている薬剤が効果があり、海外では認められている薬ということで、祖母が、何も治療をしないでいるより、臨床試験に参加したいと望んだので、参加することになりました。

臨床試験では、お薬を渡されて、決まった用法用量をきちんと守り、他に、いくつかのデータをノートにつけていました。

毎週、検査に行ったり、看護師さん(臨床試験専門の方がいました)と話をして、薬を続けるにあたって支障が出ていないかなど、細かくチェックされていると聞きました。

祖母にとっては、体調によって、通院が頻繁であることが大変であったようですが、それでも、深刻な病状の中でも、何か治療をしているという実感が支えになっていたようです。

ただ、これは、祖母にはずっといえずにいましたが、祖母の参加した臨床試験は、渡される薬が、本物の場合と偽薬の場合があって、どちらが割り当てられるかはわからないという試験でした。

祖母の場合は、臨床試験後に、本物の薬でした。

薬を飲んだことで病気が良くなっていたのかは分かりませんが、とても体調が良いような事を言っていましたし、早く市販化されて欲しいと言っていました。

隠れオラオラ系

現代人というのは人のタイプをカテゴライズするのが好きで、「????系」でその人の風貌や趣味を表すという紹介の仕方がよくあります。

「彼はイケイケだからね」「君は草食だから…」「ギャル系の女子が…」などなど、一言でどんな人物かわかる”様な気がする”言葉です。

でも実際人間って、そんなに単純に分けられるものではありませんよね。

最近では見た目の「????系」に相反して正確が違う人が人気で、「ギャップ感」なんて言葉もあります。

オラオラ系のファッションで、見た目も車も豪華で派手なのに「スィーツ巡りをしている」とか、そんなギャップに魅かれる女子がいたり。

私の身近では、「隠れオラオラ系」というジャンルが広まりつつあります。

例えば取引先のAさん。

普段は清潔なスーツの文系メガネ男子ですが、実は昔「とんでもない暴れん坊」だった人。

パッと見草食系の大人しい感じなのですが、夏にクールビズになると首から肩にかけて妙にたくましいし、時ろり眼鏡の奥でギラリと目が光ることがあります。

会社の飲み会で酔っても、粗暴な感じにはなりませんが手慣れた感じで宴会を仕切り、みんなを笑わせに次回三次会と人が集まります。

見た目が草食系で中身がオラオラ系

このギャップにやられる会社の女の子が多いのですが、彼の奥さんは元はこの会社の最年長の怖いお局様だっただけに、別な意味で近寄りがたい人間になっています。