Archive for ハッシュタグ

メットイン

通勤に原付きバイクを使っていた時があるのですが、仕事を終え帰宅したある日、シート下の

ヘルメットを入れるスペースに鍵を閉じ込めてしまいました。

予備の鍵は無く、明日もどうしてもバイクは必要なので「メットイン 鍵」でスマホを検索し、24時間対応の鍵屋さんに来てもらいました。

30分ほどで鍵屋さんのワゴン車が到着しました。

ワゴン車の内部は壁一面に様々な形の鍵が何百か分かりませんがズラッとかけられていて壮観でした。鍵屋さんはその中から数本を選び、作業台でちょこっと削っては原付きに差し込むという作業を繰り返しました。

「これ、とんでもなく時間がかかるんじゃないか…」と暗澹たる気持ちになってきたのですが、5分後に鍵はあっけなく空きました。

「このバイクの鍵、おそらく防犯対策でこんなに長くなってるんだろうけど、大して意味が無いような気がします」と言われました。鍵が開いたのは良かったですが、今後の防犯に不安の残る一言でした。

料金も思っていたよりは安く、明日の予定が遅れてしまう痛手に比べれば割に合うと思いました。

1日分の給料が吹き飛んでしまったのは痛かったですが、電話から30分もかからず解決してしまい、鍵屋さんの技術の高さには驚きました。

Twitterで笑おうw

最近はいいニュースもないし、ジメジメしていて気分もすぐれないし、心から笑っていないような気がします。

こんな時はTwitterで気分転換なんてどうでしょうか。
#今までの人生の中で一番笑った出来事晒して笑わせてくれというハッシュタグを紹介します。

友人Mが中学のころ、「正露丸糖衣A」を「正露丸オーイエー」だと勘違いしていたこと。

「ロシアを征服だ!オーイエー!」って感じでしょうか?w

修学旅行のスキー学習で一緒に乗っていた友達がリフトから降りるタイミングをつかめず「あ、ごめんダメだ」という言葉を残しリフトで下に降りていったとき

いるいるwww
スキーはまだいいのですが、初めてスノーボードでリフトを降りる時は恐怖でした。
完ぺきに腰が引けてて、リフトを降りた後のちょっとしたスロープで派手に転んだ私が通りますよっと。

中学の時、友達と歩いていて、友達が電柱にぶつかった。 友達「ッてえなァ!ドコ中だゴルァ!電柱かァ!」

誰が上手いこと言えとwww
しかしぶつかって、「ドコ中だゴルァ」とは、立派な厨二病ですねwww

被リンクはいつ終わる?

私は一昨年くらいからSEOというものに興味を持ち、その道の権威と言われるブログやRSSフィードを購読してきました。

パンダ、ペンギン、ハミングバードと様々な動物(笑)がSEOに襲いかかってきたこの2年間。

何度も何度も「今度こそSEOは終わり」「被リンク終了!」などと、マルでネットのすべてを知っているかのような上から目線で力説するブロガーや、ホワイトハットSEOと名乗る怪しい集団を見かけました。

しかし、全くSEOは終わっていませんし、被リンクは以前よりもまして絶大な上位表示効果を発揮しています。

2年前まで、数百、数千本という数が必要だったリンクも今ではしっかりとしたリサーチを行っている業者の施工なら2~30本で爆発的に順位が上がります。

「すぐにグーグル先生に狙われて終わりさ」なんて言っていたブロガーを尻目に未だに上昇を続けています。

1年以上も消えていません。

逆にここで疑問に思うのですが、ずっと「終わりだ」と言ってきた自称SEO識者は「ウソ」をついていた自覚はあるのでしょうか?

私からしてみると、「終る終わる」と言っていたホワイトの人達が、「只の嘘つき」二しか見えません。

2年が経過し、今現在終っていないのですから、「デタラメな知識」であったことを認めなくてはいけないのはホワイトハットSEおだと思います。

遠距離恋愛のあるある

遠距離恋愛をしている方たちにとって、お盆は久々に会えるチャンスだったので、幸せな休暇を過ごしたのではないでしょうか。

遠距離恋愛も悪くないと思えるコピーをTwitterで集めてみました。

遠距離恋愛中の彼女との電話で、離れているからこそ気づくことがある~などの甘い言葉を囁きながら、後ろからイタズラしてくる新しい彼女に(こーら、お前が一番だから大人しくしてろw)とイチャイチャする浮気している男の人「遠距離恋愛も悪くないね」

ありそうでコワイです。
アポ無しで彼氏の家へ行ったら、他の女と一緒にいて修羅場と化したなんて話もありますしね…。

しかし、1人の女性を愛し続ける男性もいるはず!

会ってない間に俺がどんなに妄想しても、会ったときの本物の君には敵わない

募る思い、彼女のことを愛している気持ちが伝わってくる!
お前等、幸せになれよ!なんて、応援したくなります。

君が昨日話してた雨は、1日遅れで今僕に触れた。

2人の距離を表していて、切なさもにじみ出てて、素敵な言葉だなぁ。

「片道なら良いのに」って思いながら、往復切符を買った。

あるあるあるwww
いつになったら、片道切符で会いに行けるのかな?ってね。