Archive for 日記

家族葬

初めて入院してから三年目、祖母がこの世を去りました。

それまで病状がとても安定していたのに、突然体調を崩し、医師から「危篤状態なので出来るだけ早く来てください」との電話を受けました。

その電話を受けてから結局一週間ほど後に祖母は息を引き取りました。それからばたばたと葬儀屋を探したり、祖母の親戚たちに連絡をとったりと慌ただしい日々を過ごしたのですが、なかなか親戚との連絡がつかず、結局、何人葬儀に参列するかもわからない状態でとりあえず通夜と告別式の日程を決めて式場をおさえました。

近親者のみの葬儀だったため、急な割にはそれほど困ったことはありませんでした。

和光市で家族葬をするために葬儀屋さんにいろいろと市民葬などの事を教えて頂いたり、手配していただけたのが大きな助けになったのだと思います。

火葬前にも、亡くなった祖母の体や髪を洗っていただく儀式があり、遺族としては嬉しかったです。

葬儀自体も小規模ですが良い式になりました。

スタッフの方々も親切でしたし、祖母の好きだった花も用意され、納得のいく式となりました。

急な葬儀というと大変なイメージがありますし、実際少しばたばたはしましたが、結果的には良かったと思います。祖母も天国で喜んでくれているはずです。

古いMDのダビング

私はむかしCDレンタル屋さんで借りた好きなCDは、MDカセットに録音してMDカセットのレコーダーで聞いていました。

MDカセットの良いところはCDよりもコンパクトなサイズで小さくて薄くて軽いので、持ち運びが便利だということです。

そして収納スペースもCDよりも多く取らないので、コンパクトに収納出来るところが良いです。そして私は仕事に行く時にその好きなCDを録音したMDカセット聞いて、一日お仕事頑張ろうという気持ちになりました。

仕事に行くときは明るい曲を聞いて、仕事が終わって帰る時にも、そのMDカセットを聞いて、一日お仕事お疲れ様という気持ちでゆったりとした曲を選んで聞いていました。

その頃は友達が私が好きなミュージシャンのCDを持っていて、そのCDをMDカセットに録音してもらってプレゼントしてくれたことがありますが、音質はテープのダビングとは比べ物にならないくらいよかったのを覚えています。

それからMDカセットは繰り返し録音することが出来ますし、テープより耐久力もあったので経済的にも良かったのです。

今は再生機器が手元に無く、MDからCDに録音し直して聞きたいと思っているのですが、ネットで調べた限り簡単に高音質で録音し直すのは難しいようです。

少なくとも、MP3にできる再生機器を持っていてパソコンでそれを取り込んでCDにするという工程が必要なので、機械音痴の私にはかなりの難関です。