Archive for 売ってみた

バイクの売り方

バイクは、50ccの原付と250ccのスズキバイクの売却についてお話しします。

その時は、他の車もあったので、一つ一つのメンテナンスが大変でした。50ccと250ccのバイクを処分しようと思い、何件かバイク店をまわってみました。

1万円とか、3万円とか、自分が思っていた買取価格よりも大幅ダウンのとんでもない金額を言われてしまい、バイクを処分する悲しさと同時に、自分が乗っていたバイクに付いた金額に対しても悲しい思いをしました。

一度は売るのをやめてしまおうかと思いましたが、情報を集めてみようと、インターネットであちこち査定をしてみました。

バイク買取りのおすすめ情報などに乗っている業者です。

250ccバイクは、バイク買取専門業者で、なんと5万円で引き取ってくれました。散々乗って楽しんだバイクだったので、ありがたく買い取ってもらいました。

50ccの方は買い取れないと言われました。色々探しているうちに、オークション代行と言う手を見つけました。

写真を撮って説明文を作ってアップして、足りない部分はフォトサイトで閲覧できる仕組みを作りました。そして出品してみました。

思っていた以上に値が高くつきました。

高く売れたのは良かったのですが、手間を考えるとそうでもないことに気が付きました。
バイクの売却も時間を優先にするか、金額を優先にするか、よく考えた方が良いと思いました。

ベビー用品の行方

子供が大きくなるにつれベビー用品が家の中にあると荷物になってきます。

例えば、ベビーチェアなどは邪魔になって押し入れに入れられなくなりきれいなものだったのでリサイクルに売りました。

もちろん引き取って少しばかりの値段でしたが捨てるよりはましですし、助かるのです。
ベビーカーはA型(赤ちゃんが寝た形で乗れるもの)は一番初めに買うベビーカーなのでかなりブランド物を気合を入れて買ってしまったのですが、実質1年ほどで用済みになりますのでかなりきれい。

ネットのベビーカー買取サービスで結構良い値段で売れました。

またベビーベットは、柵が割れたりひびが入っていたために売りにもできないのでこれは燃えないゴミとして処分しました、きれいならば売ることも引き取ってもらえることもあったのですが状態はよい方ではないので処分しかありませんでした。

子供の物は状態がよいものは売れたり引き取ってもらえたりはしますがやはり長年使っているものは傷んでおり傷位ならよいですが割れたりしていると商品になりませんので引き取れなかったですね。

赤ちゃんの物はいつまでもきれいに使うようにしておくとよく大事に保存しておくいいと思います、誰かの家で大事に使ってもらえますしその方が物も喜びますし感謝され利用されるから大事にしておきたいですね。

買取り会社を比べることの重要性

最初は、自動車の売却をするため一括査定を申し込みました。

すぐに返答が何社からかきました。いちおうすべての買取会社の金額を聞きたかったので金額を出してくださいといったのですが、「いくらなら売ってくれますか?」とか「決めてくれるなら数字出せます」とか言う査定士のかたが多い印象を受けました。

なかなか、いくら出すという正確な数値を出してくれる会社がない中、ある会社の担当者はメールで真摯に対応してくださいました。

メールの段階で、一番高い数字を出してくれましたので買取の依頼をしたところ、メールで聞かされた査定額とは、だいぶ違う額を査定されました。

次の車をすでにディーラーで依頼しており、その際に下取りの値段を確認していたため、その額より下の額を言われた瞬間文句を言ってしまいました。

しかし、担当者は車の状態が悪いというばかりで査定額が変える気はなさそうでした。

そこで、インターネットの中古車買取り一括査定のことを思い出しました。
実は先月乗用車ではないのですが、勤め先の営業所で使っていたトラック数台を買い替えの為、トラック買取の一括査定に出したのですが、各社が競って買取り額を提示して、ディーラーの2倍になったことを思い出したのです。

案の定、数社の買取り提示額を比べてみると、最も高い額ははじめの買取り会社の2倍くらいになっていました。

タカハシの望遠鏡

小学生の頃理科の事業は特別苦手でした。

でも何故かお天気の事と星のことの授業は好きでした。多分父の影響だと思います。

父は星や星座にまつわる話がとても好きでよく神話の話をしてくれていました。

そんな父の影響でよく星を見ながら星座を覚えたものです。

子供たちも星を見るのを好きと思った父はある日大きな望遠鏡を買ってきてくれました。
今思うとそんなに大きい物ではなかったのですがその頃はとても大きな物に感じました。
私が育ったところは田舎で山がたくさんあります。早速家族で天体観測に出かけたものです。

初めての望遠鏡の感想は見る場所が分からなかったことです。

普通に見てしまい真っ暗で何も見えず父に大笑いされてしまいました。こっちの小さい所からのぞいて見てといわれてみた星は本当に綺麗なものでした。

いつも見ている星たちも綺麗ですがあの日の星が今までで一番きれいだったように思えてしまいます。

大人になってからはゆっくり星を見ながら星座の話をする機会もめっきりなくなってしまい、社会人になって初任給で購入したタカハシのTS式シリーズが天体望遠鏡ショップの買取り品目にあったのを見かけて売ってしまいました。

その後、様々な天体イベントが起きて、その度に「あの望遠鏡!今必要だったw」と思う事になりました。