Archive for スマホ

旅行と携帯電話

2008年に、皆既日食がありどこもかしこもそのすごさにみんなで騒いだものですが私自身は中国上海までツアーで行ってみてきました。

もちろんツアーなので観光もついているわけですし、鑑賞する場所でも広いため、迷子になったりすることも予想されますので、何かと連絡手段を確保しておく必要性はありました。

もちろん自分の持っている携帯電話を、ローミング設定すれば海外でも使うことが出来ますがそれなりに通信費が掛かるそうで、ネットなどもあまり見れませんでした。

そんな中でも一番困るのが、海外で自分の携帯電話をなくしたり盗まれたりしたら困るということでした。

自分のものですから、なくしたり盗難にあったりしたときの保障はないのでどうしようかと思いましたが

ネットで調べてみると、現地でも携帯電話を借りることが出来て使うことが出来るというのを見つけました。

また、盗難などの補償もきちんとしているので万が一のときにも慌てずに対処できますし
盗難にあってその自分の携帯を悪用される心配もありますが、レンタル携帯ならさまざまな個人情報が登録されていないので、悪用される心配が少ないのです。

また、特に海外へ持っていくという仕様なのでそれなりの対応がなされるので安心です。

日本に帰ってから、同様の国内向けサービスが無いものかと調べてみると、安いレンタル携帯やIP電話のカー者があり、かなり簡単な手続きで借りることが出来る事を知りました。

スマートフォンが損傷

私は今まで、各通信会社で数種類スマートフォンを購入し使用していましたが、スマートフォンの大きさや形状次第では手が滑り落としやすいと思います。

スマートフォンのカバーの種類でも落とすリスクが変わってくると考えます。

また、落とした後のスマートフォンの損傷を回避する能力も違うと思います。

私もどちらかというとよく物を落とすほうです。

画面の破損まではいかないでもスマートフォンの角に傷が入るなんて事はよくありました。

カバーに関して、以前はハード系の厚みの薄いものが見た目がよく気に入っていましたが、落としかたによってケースが割れるし本体まで損傷が及ぶ可能性がありますので、最近ではソフト系のシリコン素材をしようしたとした時に衝撃を吸収するタイプを好むようになりました。

通信会社の損傷時の補償に入っていても、落としたときに画面が損傷した場合は修理には実費が少なからず必要になると聞きます。

先日、スマートフォンを落として画面にヒビが入っています。

スマートフォンのカバーはポリカーボネイトの薄型を使用していましたが、
カバーが破損し本体の角から蜘蛛の巣の様なひび割れです。

幸い、液晶部まで損傷しておりカメラの機能も無事でした。

ただ、損傷時の補償に入って居なかったので、iPhone修理を町田(駅裏に住んでいます)で探して、お金を払ってディスプレイを治してもらいました。。

スマートフォンの修理は高額ですので保障の加入及び、本体を守ってくれるカバーは必要だと思います。

携帯電話二台持ち

スマートフォンに替えてから、ネットのサイドビジネスで支障が出ることが多くなりました。

携帯サイトがスマホでは見れないと言う事に買って初めて気が付いたのです。

スマホ向けサイトというのは、結局パソコン用サイトのスマホスキンで表示しているだけなので、携帯でのブラウジングと勝手が違います。

今まで情報を収集したり、携帯向けアフィリブログを登録していたリンク集にもアクセスできなくなり、こまりました。

携帯を二台持ちしようと考えると、二年縛りや様々な制約+機種代金がかかるのでそれよりだったらと今、レンタル携帯格安サービスを考えています。

ガラケー端末付きで15000円預ければ使用できますし、半年から一年限定ならランニングコストはかなりの格安です。

このようなサービスは本来ならお水の人が見台持ちをしたりするのに使うのかなと思いますが、私のようにガラケー用のサイトを見る為に借りるという人はそう相違ないのではないでしょうか?

でも、ネット広告を扱ったことがある人ならわかると思いますが、いまだにスマホよりガラケーの方は広告収入の効率は高くて、レンタル料金を経費にできるならその方がお得なのです。

私書箱サービスも同じ会社が提供しているのですが、アフィリページに住所を書かなくては商人の通らないときなどにつってみようかなと考えています。

アイフォンケース

アイフォンケースというか、スマホのケースというのは結構こだわりが表に出るアイテムだ。

一日に何回も手にするものであり、スマホ全体を覆うカバーであるからして、非常に目立つ。

ブラウジングをしてても、電話をかけても相当人目に付くことからケースにはこだわる人が多いのだろう。

友人と街を歩いていても、店先にケースが並んでいるととりあえずチェック、LOFTなどの生活雑貨が多い店でも什器の一つか二つを丸々使ってディスプレイしているのを良く見かける。
サブカル系のキャラクターケースなどは、ビジネスの場でうっかりポケットからだしたらドンビキなデザインの物も多いので、オンとオフでケースを使い分ける人も多いようだ。

私は携帯の出し入れの際に、シリコンケースの引っ掛かりが気になるためいつもハードケースだが、友人は逆でハードケースだとポケットから落とすことがあるのでシリコンケースを選んでいるそうだ。

ケースでもメタル製やカーボン風の渋いデザインが良いので、もっぱらネットでアイフォンケースを探す事が多い。

お店によっては送料が無料なので、通販でも特に気にならない(サイズは間違えようもないし)。

自分が使用しているのは、「iPhoneケース広場 http://www.kokoshika.net/ 」というオリジナルケースの専門店だが、ここには女性向けのレザーカバーや変わったパターン柄、そしてディズニーのクリアケースなどがある為会社の受付の子に教えたらすごく喜ばれた。

価格帯も、シンプルケースなら780円~、レザー折り畳みなど残ったものでも1000円代から手に入る。

ここで購入したカバーは他の人とカブったこともないのでこだわり派に特にお勧めする。