アトピー性皮膚炎の外用薬

私は学生のころからアトピー性皮膚炎に悩まされており、ステロイド外用薬、軟膏が手放せません。

常にそれを使っているというわけではないのですが、必要なときに無いというのが一番恐ろしく、決まったお薬を処方してもらいにお医者様に診察してもらう必要があります。

最近は処方薬のフルコートなどストロングタイプの軟膏が市販薬として買えるようになりましたが、やはりかなり高額ですよね。

昨年から新宿に移動になって一番先に探したのが、アトピー治療の新宿にある皮膚科でした。

定期的にお薬を出してもらうのに一番気になるのはすごく待ち時間が長い事ですので、なるべくスムーズに診てもらえることが私にとって重要です。

お医者様一人のクリニックだとどうしても待合室が混みますが、駅前クリニックというところのホームページで、医師の常勤が5名と書いてあったので行ってみると確かに時間帯によってはほとんど待たずに診察してもらえました。

また、院長先生が日本皮膚学会にも所属をしているそうで、アトピー性皮膚炎に関する専門的な知識があるという事も決め手でした。

まずはこれで一安心といったところで、移動したばかりのストレスで出ていた症状もすぐに収まりました。

Comments are closed.