大学病院への紹介状

私は当時1ヶ月くらいの期間の海外旅行に行って無事帰国して、帰国後直ぐに勤めている会社に出勤しまた。

普通の生活が始まったとその時は思っていましたが、帰国してから1週間を過ぎた頃から頭に違和感を感じ始め、それから2、3日がたつと今度は体が重く感じ共に倦怠感も出始めていたのですが、それでも最初の方は頑張って会社に通い自分が1ヶ月の休暇を取り迷惑をかけた分の穴を埋めようと思い頑張りました。

が、帰国して3週間目に入って40度近い熱が出て遂にはダウンしてしまいました。

それから直ぐにマンション前のクリニックで診断してもらいましたが結果は風邪に似た症状ではないかとの事で、直ぐに診断は終わり抗生物質を処方してもらい家路に着きました。

これで治ると思っていましたが3日経っていっこうに治る気配もなく、再度病院に行っても診断は同じでまた抗生物質の薬をくれるだけで更に悪くなる一方でした。

そんな時知り合いが心配して家に来てくれてセカンドオピニオンした方がいいと提案してくれました。

職場近く、西新宿の内科で診断をして貰い、風邪ではない病名を告げられて大学病院へ紹介状を書いていただきました。

タクシーで移動しましたが、病院へはすでに連絡が言っていて、すぐに入院する事になりました。

Comments are closed.