カメコとアニメコス

最近はコスプレが世間に浸透してきたと感じることがあります。

私は俗にいうカメコをしています。
よくネットで見るような何十万もする機材を使っているわけではなく趣味で買ったPENTAX片手にコミケなどがあればその都度足を運び、写真を撮らせてもらっているにわかカメコです。

人物を撮りたくて始めたカメコだが、モデル並みのレイヤーさんなどもいたりして、徐々に魅力に取り憑かれ大きなイベントには大体行くようになっています。

そこで最近思うようになったのはコスプレというものが世間に浸透しコスプレに対する敷居が低くなってきてるなと感じていあmす。

今まではアニメ趣味自体が世間から敬遠されコスプレイヤーなんて言ったらドン引きする人が多かったのですが、しかし最近はアニメが一般に認知され地方とアニメのタイアップなんて当たり前、それと共に地方のお祭りでのコスプレイベントも増え、クオリティーの高いアニメコスプレの衣裳も市販されるようになりました。

最近のイベントで表題の件を強く感じたのはニコニコ超会議。

相も変わらず会場にはレイヤーさんがわんさかいました。
そこで偶然あったのはFF10のユウナの衣裳を纏った同僚。
確かにゲーム好きの彼女だがコスプレ趣味があることは初めて知りました。

突然の顔合わせだった為彼女には少々恥ずかしそうでしたが、友達とそういった楽しみ方をできるのが羨ましく思いました。

市販の衣裳の価格がもっと下がっていけば今後さらにコスプレイヤー人口は増えるのだろうと思います。

Comments are closed.