買取り会社を比べることの重要性

最初は、自動車の売却をするため一括査定を申し込みました。

すぐに返答が何社からかきました。いちおうすべての買取会社の金額を聞きたかったので金額を出してくださいといったのですが、「いくらなら売ってくれますか?」とか「決めてくれるなら数字出せます」とか言う査定士のかたが多い印象を受けました。

なかなか、いくら出すという正確な数値を出してくれる会社がない中、ある会社の担当者はメールで真摯に対応してくださいました。

メールの段階で、一番高い数字を出してくれましたので買取の依頼をしたところ、メールで聞かされた査定額とは、だいぶ違う額を査定されました。

次の車をすでにディーラーで依頼しており、その際に下取りの値段を確認していたため、その額より下の額を言われた瞬間文句を言ってしまいました。

しかし、担当者は車の状態が悪いというばかりで査定額が変える気はなさそうでした。

そこで、インターネットの中古車買取り一括査定のことを思い出しました。
実は先月乗用車ではないのですが、勤め先の営業所で使っていたトラック数台を買い替えの為、トラック買取の一括査定に出したのですが、各社が競って買取り額を提示して、ディーラーの2倍になったことを思い出したのです。

案の定、数社の買取り提示額を比べてみると、最も高い額ははじめの買取り会社の2倍くらいになっていました。

Comments are closed.