受験と英語学習

大学受験には学部を問わず、必ず英語の試験があるため、英単語を覚える教材をいろいろ買い求めました。当時人気の高かったのは、試験にでる英単語です。

大学の試験にでる英単語を統計的に調査し、出やすい順に並んでいる、画期的なものでした。

最初の頃は、良く見かける英単語が並んでいるので、覚えることがらくでしたが、中盤になると、見たことのない単語がでてきます。この辺になると、今日覚えても、しばらくたつと忘れてしまうので、苦労しました。なんとか最後まで到達しましたが、後半はほとんど忘れてしまっていました。

次に、ページ数が少なく、私立大向け、国立代大向け、理系用、文系用とわかれた英単語集が発売されていました。当時の本命は私立大の理系でしたので、早速買い求め、毎日少しずつ覚えるようにしました。量が少なく、見たこともない単語もあまりなかったので、比較的覚えやすく、最後まで到達し、その後数回見直す余裕はありました。

英語の先生は文章の中で英単語を覚えないと、使い方がわからないといっていたので、短い文章を読み、その都度知らない英単語を抜き出しました。

それを文章ごと自分オリジナルノートに書き写しました。ページの半分は英語で書き、対比するように日本語を書きました。

面倒でしたが、書き写していると、自然に覚えられるようになり、記憶の片隅に残るようになりました。

志望校の過去問を見て、英語の傾向を調べると単語のレベルが大体わかるようになり、受験のときに役に立ちました。

Comments are closed.