省エネのエアコン

先日、契約関係の説明をする際にある会社を訪問したときの話です。

この会社は、業績も安定していて、大企業ではありませんが、それなりにお金をぜいたくに使うことのできる会社です。

そんな会社が社を挙げて省エネに取り組んでいることを知り、とてもびっくりしました。
まず、訪れた際に、玄関先が雨も降っていないのに水がまかれたように濡れていました。
この理由を受付で聞いてみたところ、なんと、受付係の人が毎日、1日に3回ほど貯めておいた雨水を使って、打ち水をしているということです。

そして、部屋に通されて、もっとびっくりすることがありました。何と、社員全員が、半袖ワイシャツやノーネクタイなどのクールビズを実践していたのです。

そして、窓には朝顔で緑のカーテンをするという徹底ぶり。ここまで徹底された省エネを見たことがなかったので、ケチだとは思いませんでしたが、さすがにその理由が知りたくて、話し合いのときに省エネに関して尋ねてみると、社長の作戦ですと笑顔で担当者の方は答えてくれました。

業務用エアコンは、新品ほど消費電力が低く効率が良いのですが、これはコンプレッサーを交換する事でも同様となるそうです。

さらに、業務用エアコン修理の業者が取り扱っている補修剤を注入する事で、コンプレッサーの電力効率を回復し、さほど温度を上げなくとも3割以上の省エネに成功した例もあるとの事。

そして、省エネを数値目標にすることで、みんなの力を一致団結させて、まとまることができ、チームワークが良くなり、仕事の作業効率も上がったということを教えてくれました。

Comments are closed.